.ico

シーバスの感知能力って・・・ルアーシーバスIN博多湾

もう8月。
今日は大濠公園の花火大会・・・
を、テレビ観戦しました(汗)


連日の猛暑で博多都市近郊港湾部の水質はよろしくない。
真夏特有の変な匂いと濁りが入っており、表層水温は27度を超えている。
真冬の博多都市近郊港湾部の次に釣りづらい時期を迎えた。


私のブログはご存知のように陸っぱり専門であり、かつ年中ルアーシーバスしかやりません。
しかもここ最近は深夜帯の釣行であり、場所も狭い範囲の中と限られております。
なのでその辺りをご承知おきの上、お読みになって頂ければ助かります。
年中陸っぱり博多都市近郊ルアーシーバス専門の方は多々おられると思いますがそれを記事にすることは貴重なのではないかと勝手に思っております(汗)


さてさて・・・



とある場所ではベイトも点在しているが際にチーバスが居るだけ。
潮も悪く、水も濁っており、水温も高過ぎると一気に食いが悪くなる。
夜中でも気温は28度に近い状態。額からは汗がほとばしる。
ぶっちゃけ、こんなに暑く釣りづらい時期は無理にルアーシーバスをする必要はない。
ホント、夜中でも風が吹かないとうだるような暑さ。



また、とある場所ではさまよい続けるスズキクラスのシーバスを発見する。
ガルバのドッグウォークで目の前を通そうとするもシーバスが先に通ってしまう。
シーバスから1m以上誤差が生じたミスキャスト。だがそのシーバスはクルリと反転し、ガルバを追いかけてきた。しかし無念にも岸に近すぎて見切られる。ここ数回、ガルバのドッグウォークに反応するシーバスが居たが、とにかく食いが浅すぎて掛かるが乗らない。



ここで釣果に悔いるよりも真後ろを通してしまったルアーにシーバスが反応したという事実に衝撃を受ける。シーバスのルアーを発見する感知能力は如何ほどなのかは分からない。真後ろに近いルアーを目で発見したのかルアーの波動を側線で感知したのかは定かで無いが、私の想像以上にシーバスはルアーを感知する能力が高いかもしれないと感じたのであった。これは何を意味するのか・・・?



暗い場所で3cm~4cmほどの暗い色の細いワームを思い切りダートさせても食ってくるし、暗い橋脚の下でミニエントをボトム付近でトントン探っていてもちゃんと感知して食ってくる。そうなるとシーバスに口を使わすと言うことはシーバスの鼻先にルアーを通すイメージよりもシーバスに対して如何にスイッチを入れさせるかの方が重要な時もあるということ。そして過去の経験からではあるが目の前を通ったルアーよりも少しルアーが離れてから追いかけてくるケースが多いということ。で、結局これは何を意味するのか・・・?



シーバスは自分から逃げていく者に対して、また弱った者に対して異常に狩猟本能が高まるということ。U字の折り返しであったり、ルアーが水面にピックアップするタイミングであったり。ダートやトゥイッチなどのアクションもそうかもしれない。フォールで食う場合もすでにリフト時に反応している場合とルアー着水時にすでに感知しているのかもしれない。そうなるとルアーの大きさやシーバスの鼻先にルアーを合わせてもスイッチが入らなければシーバスは食ってこない場合もあるかもしれない。逆に言えばシーバスにスイッチを入れる術や活性に応じた攻め方を知っている人はルアーの大小関係なく、いかなる状況であろうともそこにシーバスは居れば口を使わすことが出来るというわけだ。



今回は乗らないバイト、いわゆるショートバイトというよりミドルバイトくらいの乗りかけたバイトであったが食いの浅い状況下の中でドッグウォークの動きが機敏すぎたのかもしれないし、リトリーブが早すぎたのかもしれない。ガルバ73のドッグウォークは水面に出るか出きらないくらいのドッグウォークになるのでペンシルなどで行うドッグウォークよりも乗りやすいし、今回はMLのロッドだが昨年Lロッドでもこの時期はこんなバイトが多発していた。まぁいずれにしろ何度も繰り返し試行錯誤しなければ答えには近づくことも出来ないであろう。しかしながら今までわかっていたようでわかっていなかった何かをなんとなく感じることが出来、真後ろを感知するシーバスの姿を見て今後の考察する幅を広げてくれる出来事であったことは間違いないと感じた。



厳しい状況の博多都市近郊港湾部ではあるが、こんな釣りが好きである。投げて巻けば釣れる時期もそれはそれで楽しいが基本、渋い状況下で僅かな何かを発見し何かを得るの繰り返しで気付けばボウズで帰る日が少なくなっていけばそれで良いのだと。




どうやってどのタイミングで食わせるのか?この意図が明確でないと全てはマグレの釣果と考える。釣果の大小よりもそのプロセスで感動できる釣りが堪能できるようこれからもさまよい続けることであろうが、だがそれがいいのであります。





さてさてさて・・・

釣りビジョンで平岩氏が尺ONEでバスを釣り上げて泣いていましたね。
釣果よりもそれまでの様々なプロセスや苦労が込み上げてきて泣いたのでしょう。
私は泣くほど感動する一匹に巡りあったことはない。
そこには明確なビジョンとプロセス、そしてそこに対する情熱が無ければ。と思ったのであります。



私にもささやかながらジョイクロでしかもスピニングタックルで、しかも博多都市近郊港湾部でランカーを仕留めたいという野望を昨年から持ち続けています。まだ準備段階で実行にも移せていませんが、もしそれが叶ったら一人都会の港湾部の片隅で一粒の涙を流すような気がします。その為に真夏の港湾部で釣れなくとも通い続け何かを発見し何かを得に通い続けている次第であります。





さておき・・・

一昨年も昨年もそろそろリバーへと移行する時期にきています。昨年までは同じ日に港湾とリバーを行き来する時間がありましたけど今年はちょい厳しい感じです。しかしながら上手く立ち回り釣果に結びつくよう努力いたします。




今日もお読み下さり感謝であります。



☞ 関連記事
(楽しかった、または参考になった時だけ下記バナーをクリックして頂ければ励みになります。) にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


工事中
⇩過去記事を検索出来ます⇩
調べたいキーワードを入力して下さい。Enterもしくは検索をクリックすると一覧が表示されます。
カレンダー&アーカイブ
過去の私の釣果や博多湾の状況が調べやすくなりました。私用ですが宜しければどうぞ♪
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
shichan超絶お気に入り♪
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。