.ico

グリッサンド90&春ランカー・・・ルアーシーバスIN博多湾




「A・B・C・D・E」



「A→B→C(入れず)→D→A→E→C(入れず)→B(大当たり!)」





さてさて・・・・・・?






29042101.jpg
春ランカーゲット♪4月のランカーゲットは初めて♪
アフターシーバスだろうが4,5kg弱あったナイスなランカーであった。



最初のアルファベットの文字はポイントを移動した地点。
C地点は珍しく入れず、その結果が幸いした。
移動した箇所は5箇所、移動した回数は8回。



E地点でもう夜中遅く寒かったので帰るつもりがC地点が気になり、まだ先行者が粘っていたので近くのB地点で数投して帰ろうかと思った一発目でHITした。ランカーゲットは偶然だが偶然は努力より生まれると私は常々ブログでも書いてきた。3時間半で8回の移動が功を奏した。




長潮の干潮間際からのスタートだったので全く期待はしていなかった。この日は2回めのA地点で30㎝にも満たないチーバスが掛かっただけ。全く釣れてなければE地点で帰っていただろうが、このチーバスが釣りたいという「欲」に火を付けていたのかもしれない。ランカーだがアタリは小さく、ゴミを引っ掛けたかな?と思った矢先にエラ洗い。このエラ洗いの大きさと重みでコリャただ事ではないフィーリングがロッドに伝わった。



HITルアーはメガバス・カッター90。
グリッサンド90のパワーで足元までグングン寄せる。寄せが早かったのか足元で激しく抵抗。何度かの激しい突っ込みに耐えて浮き上がらせ、魚体が見えた時すぐさまランカーを確信したと同時にランカーの上の口辺りにテールフック1本しか掛かっていない。「ヤバイ・・・」と思ったと同時にフックは昨年のままで軸が錆びていることも思い出す。



テールフック1本だし、フックが持たないかもしれないので早めのタモ入れを試みるもタモを見ると激しく下に突っ込んでいくの繰り返し。ドラグも緩めにしていたので中々弱らない。何度かの突っ込みでフロントフックが頭付近に掛かっていて少しホッとする。恐らく7~8分ほど経過してようやくネットイン。陸に上げたランカーからは既にルアーは外れていた。しっかりとフッキングしていない証拠である。とにかく良かった良かった。



久々のランカーに手の震えが止まらない。スマホのシャッターを押すのもままならないほどだ。
タモに再度ランカーを入れてリリース。あっという間に回復しゆらゆらと戻っていった。まだ十分に体力を残しているようだった。久々の充実感で体まで震えてきた。タバコを立て続けに2本吸っても感動の震えは止まらなかった。再度キャストしてみるも手の震えが止まらずここで納竿。というかもう十分である。



29042102.jpg
グリッサンド90と一緒にランカーという夢がいとも簡単に叶った。

しかしながら、やっぱり錆びたフックは良くない。どうせこの時期の博多都市近郊港湾部は良くてもフッコクラスだろうとタカをくくっていた。大いに反省である。



メガバス(Megabass) ルアー CUTTER90 バチボルドー



↑clickでAmazonへ移動します。

90mm・8g・シンキングペンシル
激スレ状態でこそ威力を発揮する! ●CUTTER90は、全国の河口域に周年で接岸するサヨリ&バチ抜けパターンにシンクロするスーパーシャローベイトです。水を切り裂くよう設計された、V字ヘッドは、水流を効率的に「逃がす」ことで、デッドスローリトリーブで急速浮上させ、水面に鋭いV字波紋を発生させます。●細身の中空ボディ底面にマウントした低重心ロングシャフトバランサーが、微波動を伴ったナチュラルロールアクションを生み出し、V字ヘッドとの相乗効果で、フィーディングモードのモンスターをバイトへと狩りたてます。●空気抵抗の少ないエアロボディと、低重心シャフトバランサーシステムによって、クラス最高の圧倒的なロングディスタンスキャストを実現。●CUTTER90は、激スレ状態でこそ威力を発揮する、スーパーシークレットウェポンです。

メガバス公式ページより抜粋しております。←clickで移動します。



よくよく読んでいるとフックはGamakatsuトレブルRB-MH #8を採用している。
一応大型対応なのかな。3年前に買って少しサビはあったがよく持ちこたえてくれた。



マニック95はたしか#10のフックなのでマニック95だと獲れてなかったかもしれない。カッター90はマニック95と同じ8gでマニック95と同じくらいの飛距離は出る感じ。カッター90の方が綺麗な引き波がでる。ぶっちゃげ、マニック95との使い分けはわからない(笑)が、引き波を立てない水面直下の皮一枚を引きやすい気がする。潮があまり動かない、もしくはプレッシャーが高いポイントでは引き波では食ってこないケースがままある。




一応動画貼っておく。これを知っていると活性が低い状態でもシーバスに食わせることが出来るかな?(笑)



私は動画のリトリーブよりもスローに巻く時があり、今回のランカーも超スローリトリーブだった。
とにかく博多都市近郊港湾部ではというかバチパターンのキモは超スローリトリーブである。河川で流しながらでも巻くか巻かないかくらいが効果がある。博多都市近郊港湾部では一直線上にルアーを引いてくることが多々ある。状況にもよるがリトリーブスピードに気をつけないと弾くのだ。ゆっくりぎこちないくらいのリトリーブの方がラインがたるんでシーバスが吸い込みやすい。



これはマニックでも応用できるがマニックは非常に浮き上りやすく、また皮一枚のレンジ姿勢がカッター90が良いように感じる。いずれにせよこの時期「超スロー」と「皮一枚」は覚えておいて損はないと思う。カッター90は私の隠れ一押しルアーである。




さておき・・・・




今回はリーダーを16lbに戻した。見えない糸と称されるジョイナーボスメントにしてみた。

ダイヤフィッシング ジョイナーボスメント 50m 4号



↑clickでAmazonへ移動します。

見えない糸が功を奏したかはわからないが「信じる者は救われる」ですかね(笑)
コスパも良いしこのラインでランカークラスを何度も獲れているし、飲まれてリーダーがザラザラになっても強度がまだある(もちろんザラザラになったら替えましょう)




グリッサンド90。ランカーでもパワーがありすぎ。いや正確に言うとバットパワーがありすぎる。なのでランカーに抵抗させやすい反面、ランカーでもこちら側主導でコントロールしやすいという感じ。ベリーの粘りと中弾性の特性でロッドが暴れず、ティップが跳ねないので首振りや下への突っ込みに対してもバレないだろうという安心感がある。正直ブランジーノAGS94MLの方が反発力としなやかさでシーバスとの力の均衡がとれており早くシーバスが疲れるんじゃないかとも感じた。




グリッサンド90。「剛竿」とか、ツララと言うメーカーが「怪魚ロッド」的なイメージが先行しているが実際は粘る竿であり、実際使用してみてもティップがソフトなので「柔」という実感が強い。今回ランカーを釣り上げて「剛」の部分をすこしだけ垣間見たが、まだまだ奥が深いロッドのようである。




さてさてさて・・・・・・




今シーズン幸先良くランカーが穫れた。そのことよりもこのB地点では初ランカーだったのが何よりも嬉しく、これでランカーゲット場所が4箇所に増えた。しかしランカーなんて狙って釣る技量なんかない。偶然というよりも本当は縁のものだと思っている。良きめぐり合わせだ。現実、アラフォーの大の男が体を震わせるくらいの感動を与えてくれる出来事なんて他にあるだろうか?そんな春ランカーの出会いに感謝感謝である。




今日もお読み下さり感謝であります。



☞ 関連記事
(楽しかった、または参考になった時だけ下記バナーをクリックして頂ければ励みになります。) にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

コメント

お見事!
アフターでも割と肥えた個体ですね。
引きも相当でしたでしょう!掛けてからのやりとりのバランスが終始良かったんでしょうね。

グリッサンド90ランカー入魂おめでとうございます!
Re: お見事!
>いとしマンさん
コメントありがとうございます。
祝コメ感謝です。久々の手応えで良く引きました。
バレたらどうしようという気持ちばかりで堪能はできませんでした(-∀-`; )
今になってジワジワきてます(^.^)
No title
すごい!
ランカーおめでとうございます!!
博多湾まだ潜在能力秘めてますね!
わたしもがんばります!
Re: No title
>みつさん
祝コメ感謝です(*´ェ`*)
ほんと何が起きるかわかりませんね。
またマグレが起きるように日ごろの行いを頑張ります(-∀-`; )

コメントの投稿

非公開コメント


工事中

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。