.ico

メバルは禁断の果実?…メバリングIN博多湾



もういくつねると~



おせち料理の買い出しやらなんやらかんやらでやっとこさブログ。
今年もいろいろありましたが釣りに復活できたことが私にとって一番のニュースでした。
そしてシーバスからメバルへと他魚種を本命にして狙うことができたのもニュースでした。


しかし、本命狙いと本格的に狙うは違う。
なので専用タックルが欲しいところではありますが今のままでも悪くはない。
ま、それは本題で書くとして…


さてさて…





DSC_114630122515.jpg
お高いメバルのプラグ2個分にも満たない金額でわんさか買えるたっくるちゃんに感謝。




30122901.jpg
シールタイプのメジャーを35cmくらいにカットしてタモ入っていた袋を押し入れから見つけ
袋の素材が塩化ビニールっぽいのを両面に貼り付け自加工品をこしらえた。



よく、クーラーボックスに貼っている人を見かけるが現在オールリリースで持っていかないので。
シーバス用のメジャーは長くて重いし取り回しが悪い。
私の通う博多港湾部におけるメバルの時合はどうも短い感じもするので苦肉の策であります。




私にとってブログ書くのにメジャーは必須。特にシーバスなんてメジャー当ててないのにランカーゲットと言われても説得力にかける。博多湾奥港湾部でのメバルの境界線って20cm以上が良型っぽいのでそのサイズ前後くらいはメジャーで図っておきたい。ミリ単位まで正確にという性格ではないんですが(笑)まぁ思い出+証明写真ですな。




今宵はどうなるかと博多湾奥港湾部へ。




渋い。シブすぎるぜ!
エサ師のときのカンをたよりに移動を繰り返す。
お、潮通しが良いポイントで良い潮通しになってるやん。



やっぱりHIT!セイゴかな?ん?水面付近でもエラ洗いせんやん。
銀色の魚体は見えたがセイゴの引きではなく、ブルブルしとる。
下に突っ込まれたところでフックアウト…なんやったんや。




30122805.jpg
その後にコイツの群れと判明。3匹ほどゲット。アジバサミ持ってきてなかったので写真取るのに一苦労。コイツは18cmくらいだが最初のヤツの引きとはまるで番う。ま、セイゴやったんやろね。というかフォールで何度もチェイスしよるが乗らん。ほんでもってわずか15分ほどの時合でした。





別の日・・・・・






30122801.jpg
10cmにも満たないコメバル。まぁ一応本命やけれども・・・・・
しかしこの寒い中、全くアタラナイよりも全然良い。



30122803.jpg
ボトム付近では小タケノコメバル・・・・・



30122802.jpg
2匹めは14~5cm程度・・・・・






あかん、ここはあかん。
本命ポイントへ移動。












30122804.jpg
おお!居った。まぁまぁの型。自家製メジャー作る前日ね。



居るけど、釣れるけど、いざ狙うとなかなか釣れない博多湾奥港湾部良型メバル。



60cmクラスのシーバスを釣ってもあまり満足できないが20cm満たないメバルでなんでこんなにうれしいのだろう?60cmクラスのシーバスでも博多湾奥港湾部からしたら良型ですのに。と分析すると・・・・・



一つは寒い中で釣れてくれたことの喜び。アタリがあるだけでも寒い中ではうれしいくらい。
一つは本命が釣れて、ここの地域では良型であること。



そしてもう一つは「暇な釣りなどない」ということ。



とかく慣れ親しんだというか慣れきってしまったシーバス。
いつもの場所でいつものルアーでいつもの時間帯でいつものメソッド。
アタリすらないととかくダラケがちになる。



釣りの醍醐味は数あれど、最大の醍醐味は、
「時間を忘れるほど夢中になれる」ってことかなと最近は特に感じる。





新しい魚種にチャレンジしてイチからの構築。あーでもない、こーでもないと試しながら釣りをする。日常の何もかもを全て頭から消し去り、ひたすら、ひたむきに海と魚と対峙する。






別の日…






今日はめずらしくアングラーが数人居る。
まだ残りアジを追い求めているアジンガー。キャストしてじっとしているのですぐわかる。
最後の残り香を楽しむのも釣りだ。アジもまだ探せばいるようです。早速釣っておられた。



私はというと中層より下付近でHIT。以外に大きいがアラカブの引きではない。
ゆるめていたドラグが災いし、足元のスリットに潜られた。
ってここでこんなことあるんかい!慣れ親しんだポイントだったのでビックリ。



結局タバコ2本の時間待ちましたが痛恨のブレイク・・・・・
大反省。まだまだ甘いなぁ。




メバルだったらあの引きはと思うと残念だけれども今後に生かすしかない。




メバルは禁断の果実。
釣るたびに持って帰れば当然数は少なくなるし居なくなる。
気候変動や地形の変化もあるがアングラーの問題も重要視しなければならない。
博多湾奥港湾部のメバルは半居着きのメバルだろう。



回遊メバルならばいざしらず、居着きのメバルをバンバン抜いて持ち帰ると当然その場所では釣果が落ちるし、来年の良型も少なくなるかもしれないだろう。アングラーは自分だけではないのだ。メバルも根魚の部類。港湾部のメバルはアジのような回遊性が高い魚ではないので、抜いたら減る!



博多湾奥港湾部の場合…

昔は簡単に釣れる→釣れたしこ持って帰る→毎日数人~数十人単位で抜かれる→気候変化や都市開発などの地形変化で居着く個体が少なくなる→アングラーは減らないというか近年のメバリングブームで増加→釣れたしこ持って帰る→当然居着いている個体はますます減る→良型が釣れないのでメバルアングラーは減少傾向もしくは釣り場をより東へ、より西へと移動している←イマココ。


よって、ブログでも詳しい釣り方が書けない。書くと「ああ、あそこか」とバレてしまう。
なのでブログでも真実味や説得力に欠け、魅力的な記事は書きづらい。
ということはメバルの魅力をお伝えしづらいのであります。



私が冒頭に言った「今のタックルでも悪くない」と言ったのはそのほうが有利な状況もあるのでありまして、それを書くと場所がわかり、場が荒れる可能性もあるからであります。魚影が濃い博多湾奥港湾部ならばいいんですが…まさにメバルは私にとっての禁斷の果実になりそうな感じであります。なのでしばらくはリリース。持ち帰っても数回に1回とか決めていこうかと思っております。





さてさてと・・・・・





まぁしかしなんだけれども、釣れないほうが燃える私の性分。
メバルの魅力を可能な限りしばらく追っていこうと思います。




今年最後の記事になりそうです。
復活を暖かく見守ってくれた方、コメント残してくれた方、本当に感謝しております。
つたない文章でありブログ記事ではありますがお読みくださりありがとうございました。

来年もできるだけ更新できるようがんばります。
皆様方においては来年も良き年になるようお祈りしております。

良いお年をお迎えくださいませ。








☞ 関連記事
(楽しかった、または参考になった時だけ下記バナーをクリックして頂ければ励みになります。) にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


工事中
⇩過去記事を検索出来ます⇩
調べたいキーワードを入力して下さい。Enterもしくは検索をクリックすると一覧が表示されます。
カレンダー&アーカイブ
過去の私の釣果や博多湾の状況が調べやすくなりました。私用ですが宜しければどうぞ♪
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
shichan超絶お気に入り♪
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。